→『リモート・ヘルプを受けるための準備(Vista編)』 →『Windows XP編』 →『Windows7編』 →『Windows8編』 →『Windows10

■リモートヘルプを受けるための準備(WindowsVista編)

WindowsVista

Windowsのリモートアシスタンス機能を使って、『ヘルパーからリモート(遠隔操作)でヘルプを受けるための準備』について説明します。リモートヘルプを受ける前に、下記の手順を追って準備を完了しておくようにお願いします。

VistaUAC

Windows操作の確認ダイアログ:

Windows Vista以降から、「ユーザー・アカウント制御(UAC:User Account Control)」と呼ばれる新しいセキュリティ機構が追加されました。 設定を変更する場合には、確認ダイアログに応答しなければ先に進むことはできません。 [続行]ボタンをクリックして続行してください。

■1開始: リモートアシスタンスを開始する(招待状を送信する)

  1. 事前に電話やメールで、ヘルパー(リモートでヘルプしてくれる人)と実施する日時を決めておきましょう。
  2. [スタート]ボタンをクリックして、メニューから[ファイル名を指定して実行]をクリックして・・・
    ScreenShot
  3. 入力ボックスに『msra』と入力して[OK]ボタンをクリックします。
    ScreenShot
  4. 『友人に助けてもらう』項目をクリックで選びます。
    これで『招待状の発行』の準備が整いました。
    ScreenShot
  5. 招待状をヘルパーへ送信する: 
    ここでは2つの選択があります。
    • A:[電子メールを使用して招待状を送信する](すぐにメール送信できる方)
      →メールソフトが立ち上がり、すぐに『招待状』を友人にメール送信することができます。
    • B:[招待状をファイルとして保存します]
      パソコンのメールソフトが使えないなどの理由の場合、オンラインWebメール(Hotmail)などを利用してメールを送信することができます。 一度、ファイルとしてパソコンに保存をしてから、添付ファイルとして『招待状』ファイルを送信します。
    • ScreenShot

A:[電子メールを使用して招待状を送信する](すぐにメール送信できる方)の場合:

  1. [パスワード]を設定して、[次へ]ボタンをクリックします。
    ScreenShot
  2. 自動的にメールソフトが起動しますので、[宛先](ヘルパーのメールアドレス)を入力して、[送信]します。
    ScreenShot
  3. 送信が完了したら、電話か別メールで『設定したパスワード』をヘルパーに知らせておきましょう。

B:[招待状をファイルとして保存します]の場合:

  1. ファイルの保存場所を指定するか、既定の場所を覚えておきます。
    後で、Webメールで『招待状』を添付ファイルとして送信する時に、その保存場所へ拾いに行きます。
    ScreenShot
  2. 後は、Webメール(Hotmail)などから、ヘルパーへ『招待状』を添付してメール送信します。
  3. 送信が完了したら、電話か別メールで『設定したパスワード』をヘルパーに知らせておきましょう。

→次のステップ『2.開始(リモートアシスタンスの受け入れ)』へ進んでください。

 

 


外部ヘルプサイト:■Windowsでリモートアシスタンスを利用する

■Windowsヘルプ:「自分で解決できるかもしれない?」

「自分で解決できるかもしれない?」トラブルシューティングに役立ちそうなサイトがあります。

  • マイクロソフトのサポートサイト: 『でこぼこ PC とーく(Windows Vista編)』(閉鎖)
  • マイクロソフトのサポートサイト: 『でこぼこ PC とーく(Windows XP編)』(閉鎖)

Windows, Outlook, OutlookExpress, WindowsMail は、米国 Microsoft Corporation の、米国および日本国における登録商標または商標です
スタイルシート(CSS), Javascriptを利用しています。Internet Explorer 6.0以上のブラウザを推奨。
(c) 2005-2016 MCPRO.info All Rights Reserved