→『リモート・ヘルプを受けるための準備(Windows7編)』 →『Windows XP編』 →『Windows Vista編』 →『Windows8編』 →『Windows10

■リモートヘルプを受けるための準備(Windows7編)

Windows7

Windowsのリモートアシスタンス機能を使って、『ヘルパーからリモート(遠隔操作)でヘルプを受けるための準備』について説明します。リモートヘルプを受ける前に、下記の手順を追って準備を完了しておくようにお願いします。

※Windows7では、操作が楽になりましたので、必ずしも[ファイル名を指定して実行...]を使う必要ありません。

■準備1: [ファイル名を指定して実行...]は使える状態ですか?

[ファイル名を指定して実行...]を使うと、クリックする回数が少なくて済むため、早く操作を進めることができるメリットがあります。 ここでは[ファイル名を指定して実行...]を使って、操作方法をご紹介します。

まずはスタート・メニューで表示されるように設定しておきましょう。

  1. [タスクバー]の何もない所で、右クリックして、表示されたメニューから[プロパティ]をクリックします。
    ScreenShot
  2. 表示された[メニュープロパティ]設定画面の[スタート・メニュー]タブをクリックで選択します。
    好みのスタートメニューのスタイル(Vista風 / 従来のクラシック風)の[カスタマイズ]ボタンをクリックします。
    ScreenShot
  3. 項目[ファイル名を指定して実行]のチェックボックスを[ON]にします。
    後は[OK]ボタンを順にクリックしていき、全ての設定画面から抜け出ます。
    ScreenShot
  4. [スタート]ボタンをクリックして、メニューに[ファイル名を指定して実行]が見えてますか?
    見えていればOKです。
    ScreenShot

→次のステップ『準備2(ファイヤウォールの設定)』へ進んでください。

 


外部ヘルプサイト:■Windowsでリモートアシスタンスを利用する

■Windowsヘルプ:「自分で解決できるかもしれない?」

「自分で解決できるかもしれない?」トラブルシューティングに役立ちそうなサイトがあります。

  • マイクロソフトのサポートサイト: 『でこぼこ PC とーく(Windows Vista編)』(閉鎖)
  • マイクロソフトのサポートサイト: 『でこぼこ PC とーく(Windows XP編)』(閉鎖)

Windows, Outlook, OutlookExpress, WindowsMail は、米国 Microsoft Corporation の、米国および日本国における登録商標または商標です
スタイルシート(CSS), Javascriptを利用しています。Internet Explorer 6.0以上のブラウザを推奨。
(c) 2005-2016 MCPRO.info All Rights Reserved