→『リモート・ヘルプを受けるための準備(Windows XP編)』 →『Windows Vista編』 →『Windows7編』 →『Windows8編』 →『Windows10

■リモートヘルプを受けるための準備(WindowsXP編)

WindowsXP

Windowsのリモートアシスタンス機能を使って、『ヘルパーからリモート(遠隔操作)でヘルプを受けるための準備』について説明します。リモートヘルプを受ける前に、下記の手順を追って準備を完了しておくようにお願いします。

■準備3: リモートアシスタンスの接続許可

※リモートアシスタンスの利用を終えたら、この設定を元に戻すことを推奨します。

  1. [スタート]ボタンをクリックして、メニューから[ファイル名を指定して実行]をクリックして・・・
    ScreenShot
  2. 入力ボックスに『sysdm.cpl』と入力して[OK]ボタンをクリックします。
    ScreenShot
  3. システム・プロパティ設定画面が表示されたら、[リモート]タブをクリックします。
    [リモートアシスタンス接続を許可する]チェックボックスを[ON]にします。
    さらに[詳細設定]ボタンをクリックして...
    ScreenShot
  4. [リモートで制御されるのを許可する]チェックボックスを[ON]にします。
    ※なお、ここで発行する招待状の有効期間を設定することができます。
    ScreenShot
  5. 後は[OK]ボタンを順にクリックしていき、全ての設定画面から抜け出ます。

→次のステップ『開始(リモートアシスタンスの開始)』へ進んでください。

 

 


外部ヘルプサイト:■Windowsでリモートアシスタンスを利用する

■Windowsヘルプ:「自分で解決できるかもしれない?」

「自分で解決できるかもしれない?」トラブルシューティングに役立ちそうなサイトがあります。

  • マイクロソフトのサポートサイト: 『でこぼこ PC とーく(Windows Vista編)』(閉鎖)
  • マイクロソフトのサポートサイト: 『でこぼこ PC とーく(Windows XP編)』(閉鎖)

Windows, Outlook, OutlookExpress, WindowsMail は、米国 Microsoft Corporation の、米国および日本国における登録商標または商標です
スタイルシート(CSS), Javascriptを利用しています。Internet Explorer 6.0以上のブラウザを推奨。
(c) 2005-2016 MCPRO.info All Rights Reserved